OpenCL 1.0

ヘテロジニアスシステム用並列プログラミング言語(平たく言えば、GPGPU用言語)として標準化が進められていた OpenCL のSpec 1.0 が先日公開になった模様。
基本的にはライブラリ+言語拡張で、ローレベルではあるがユーティリティ的なものを用意しているように見える。よく調べてみたい。

混沌としているマルチコア開発環境も、これで流れが決まるのかはたして・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)