蛍さん

昨日は、蛍鑑賞に行ってきた。
滋賀県の旧伊吹町(現在は米原市)では、天の川ほたる祭りというイベントが行われていて、毎年この時期にシャトルバスの運行などを行っている。

電車を乗り継いで自動改札もない近江長岡駅から、シャトルバスでさらに15分。降りてまた徒歩10分。

街灯もない小さな山のふもとの細い水辺。
そこには1cmほどの淡い黄色とも青いとも見える光がゆらゆらと空中を舞う、なんとも幻想的な風景が漂っていた。
まさにそこは地上の天の川。
30人ほどの人が集まっていたが、これを見にわざわざ遠くから来る理由もよくわかる。

そこで一句。

天の川、ああ天の川、天の川。

解説:
空を見れば星の天の川、下を見れば水の天の川、そして目の前には蛍の天の川が美しく広がっている。なんと素晴らしい景色なんだろう!

ホタルというのは、1年間さなぎとして過ごし、6月のこの時期にだけ繁殖のために飛び回るときにあの優しい光を披露し、それが終わったら死んでしまうのだそう。

また来年、この光を受け継いだ次世代のホタルに会いにこれたらいいな。

| | コメント (3) | トラックバック (0)