太陽系外惑星にみるロマン

先日Web(どこだったかな)で読んだ連載記事で、太陽系以外の惑星が既に100個以上も発見されていることを知った。
その翌日、偶然か知らないが、NHKで同様の特集をやっていた。

連載で紹介されていた本の著者がテレビにも出ていて、私も早速その本を読んでいるところである。

惑星探しはプラネット・ハンティングと呼ばれていて、1940年代くらいに始まったそうだ。アポロ計画よりも20年以上前だ。

探索の基本原理は、惑星が存在することによる中心星(恒星)の軌道のブレを調べることである。砲丸投げの際に人間がぶれるようなことで、たとえば木星のような大質量の惑星は、太陽の軌道を太陽の半径程度もぶれさせているらしい。なんともダイナミックな話である。

しかし、最初に惑星が見つかったのはなんと、1995年!
しかも恒星のごく至近距離を4日余りで公転する巨大なホット・ジュピターであった。
その後も、彗星の如く楕円軌道を回るエキセントリック・プラネットなど、太陽系の姿からは想像もしない惑星が次々発見されている。

40年以上も惑星が見つからなかったのは、先のブレの観測には惑星の公転周期程度の年月がかかることともちろん観測精度の限界もあるのだが、研究者が太陽系のような円軌道で整然とならんだ惑星ばかりを考えていたことにも問題があるらしい。

異形の惑星達の発見で、天文学界は太陽系形成理論の再構築を迫られているそうで、それは落胆ではなくむしろ新しい謎の登場に狂喜乱舞しているところだそうだ。(注:この本は2003年刊行)

ところで、私が趣味の時代から含めると18年くらい浸かっている(もはや漬かっている?)IT業界は、半導体関連の物理学、電気回路系の物理学、ソフトウェア工学が主体であると思う(経済関係を除く)。
いずれもナノとか目に見えない物とか0/1とかばかり。次々とくる新発見や画期的な改善のニュースに夢を見る時代はやや過ぎ去り、熱暴走と量子効果とデスマーチと資金力との戦いばかり。先の見えない戦国時代(成熟期)に突入しているように見える。

ぜひ、太陽系外惑星発見のような心躍る発見が飛び出してこないものかと期待しつつ、さぁて今日もキーボードに向かうことにしよう。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)