ピンチをチャンスに変える研究に投資を!

中国のレアアース輸出削減のニュースに、ショックを受けている関係者は多いはず。

先端ハイテクはレアアースの物性に依っているものが非常に多いので、IT加工業で売っている日本はかなり厳しい。

中国に働きかけるのも一つだが、一方で本質的な解決策にも投資すべき。

  • レアアースを使わない代替技術の開発
  • レアアースの使用量を著しく下げる革新技術の開発
  • 廃棄された機器からのレアアース回収技術、システムの開発

このような技術開発はおそらく現在も大学や企業の研究機関で行われていると思うが、レアアースの流通が減って単価が高くなることが予想されるからこれらの技術がコスト的に見合ってくる可能性がある。

上記技術開発に成功すれば次のような効果が期待できる。

  • 中国への依存度が減り、発言力が増す。
  • 同様の技術を必要とする世界の国々に技術を売ることができる。
  • もしかするとレアアース輸出国になれるかもしれない。

価格対効果の大きな分野だと思うし、こういうところに投資ができるようだと、日本政府もビジョンがあると思われるんじゃないかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

USBディスプレイ

USB接続の小さなディスプレイが次々と発表、発売されている。
面白そうではあるんだけど、何に使えばいいんだろうか悩む。
ハンファバッファローセンチュリーアイ・オーサムスン

カレンダーやスライドショーを表示、と考えてみたが、PCが動いているんだから本体のディスプレイでいい。
USBだからケーブルもそんなに長くないので、リモート用にもならない。

となると、メインディスプレイと一緒に使う用途になるわけだが、ゲームやアプリで、マップとかステータスとか出しておくといいのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

OpenCL 1.0

ヘテロジニアスシステム用並列プログラミング言語(平たく言えば、GPGPU用言語)として標準化が進められていた OpenCL のSpec 1.0 が先日公開になった模様。
基本的にはライブラリ+言語拡張で、ローレベルではあるがユーティリティ的なものを用意しているように見える。よく調べてみたい。

混沌としているマルチコア開発環境も、これで流れが決まるのかはたして・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MAID

Massive Arrays of Inactive Disks の略だそうだ(たとえばこちらWikipedia)。
初めて聞いたが、なんとなく萌え~な響き。

# JBODの意味もすごい。ただのディスクの束って・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Webサービス、SaaS、Silverlight、AIR、Google Gears

Thinクライアント、最近ではNet Top?
いろいろ言い方はあるが、"計算はネットの向こうのコンピューティングリソースでやって、手元には軽くて小さいマシンでUIだけやろうぜ"という思想がある。

個人的には何でもWebブラウザでやろうとするThinクライアントの思想には違和感があって、こんなリッチなマシンが容易に手に入るのにWebブラウザ専用機にするなんてもったいないと思っていた。もっとリッチなウィンドウシステムもDBも手元にあるのだ。

誰しもそう思ったのか、Thinクライアントはなかなか定着していなかったのであるが、いよいよ現実になりそうな雰囲気を感じる。

エンタープライズレベルでは、Webアプリは通り越して、WebサービスあるいはSaaSという言葉もすでに基本技術となりつつあるけど、デスクトップのレベルでもAdobe AIR、Google Gears、Microsoft Silverlightと環境も出そろいつつある。

あとは"手元には軽くて小さいマシン"の部分だが、これはWILLCOM D4もいいけど、思い切りが足りないと思う。そもそもWindows Vistaなんぞ使う限りは、軽くて小さいことは不可能ではないの?

個人的には、スタートレックのアレ、欲しい。
Thinクライアントなんてどうせ2台目なんだから、キーボードなし、ディスプレイとストレージとWirelessとバッテリーとわずかなキーだけでよろしい。旗艦マシンは別途用意するから。
どこか作ってくれないべか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ソフトウェアにもプロセス世代を!

CMOSに代表されるLSIは、新しいプロセスルールが開発されると、それと同時に性能もアップする(※)。
ここでいう性能は、速度だけではなくて、電力消費が含まれる。

だから、IA-32などに代表されるPC/PCサーバー用CPUは、プロセス世代の交代を意欲的に進めている。
もちろん、と同時にマイクロアーキテクチャの改良も行って、トータルでは毎年倍々の性能アップ・・・ここ最近は消費電力も向上させているわけだ。

※厳密に言えば「性能アップのマージンができる」ということだろう。

さて、ソフトウェアの方はというと、時代の要請するパラダイムに引きずられて必要な技術がコロコロ変わる。
当然といえば当然なのだが、特にここしばらくはマルチコア技術が広がっていくと考えられるから、要求される技術や知識もかなり難しく、ソフトウェア開発者の負担はますます増えるばかりだ。

ソフトウェアはC言語などで共通化されてはいるものの、これらの言語は動作モデルを含まない。
当然スレッドやMVCなどいろいろなフレームワークがあったりはするのだが、Javaであれ、VBであれ、ライブラリとして提供するのが普通である。

この方式は汎用である一方、時代に合わせてソフトウェアを毎回書きなおす必要があることを意味している。
しかし既存のソフトウェア資産を考えると書きなおしは量的にほとんど不可能になっている!

だから、ソフトウェアを書きなおすことなく、その下のレイヤーで「プロセス世代交代」を行える方法が求められるべきではないかと思うのだ。
ひとつのプログラムを「完結した形で」書いておけば、新しいパラダイム上でもその恩恵を受けつつ動作できる、という仕組みが、である。

これにはやはりVM的な動作でサポートすることが想像しやすい。
たとえば、盛り上がりつつある仮想化技術は一つの決定打になるかもしれない。
JavaもVMだけれど、そういう思想にはなっていないようだから難しそうだ。

最近、Cell/B.E.とか、TBBとかでプログラムを書いてみるのだけれど、すぐに変わるであろうスケーラビリティや帯域を気にしてキリキリやるのはどうにも不毛な気がして、そういう大きな仕組みにメスを入れられないかと考えてみる今日この頃なのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「木」洗トイレ

考えていたことがあった。
この頃はウォシュレットや暖房便座も普及してとても快適になった、水洗トイレ。

私たちがたれたオシッコやウンコも、レバーをクイッとひねれば水がジャーッと出てきてすっきりきれいに洗い流してくれる。
大変衛生的で素晴らしい発明と文明である。

が、考えてみるとその排泄物混じりの元飲料水たちは、水道管を下水処理場まで流れていくわけだ。
つまり私たちの歩く道路の下にはウンコがいつも大量に流れているのだ!!
だから、洪水になって下水道があふれると、一緒にウンコもあふれ出てくる。

しかも一度の洗浄に使われる「飲用水」は、毎回13リットルにも及ぶという。
高度な上水道設備と、高度な下水道設備が整って初めて使える水洗トイレがこれだけ当り前の日本は何て素晴らしいことか!!

待てよ。
このウンコを流す水と設備を節約できれば、あちこちで問題になっているダム計画も不要にできるものがあるんじゃないか。
水利のためは仕方がないとしても、将来の人口増加のためとか言って数百億円もの税金を何十何百の計画に投入するなんて、結局政治家と建設業の癒着なんでしょー。なんとかしたい。

などと思っていたらこれを発見。
21世紀のトイレに水はいらない!(前編)(後編

北海道旭川の企業が開発・販売しているこのトイレは、便をおがくずと混ぜて攪拌し、微生物によって分解させることで処理をする。生ごみ処理のコンポストをイメージすればよい。
生ごみとは違って排泄物は95%以上が水であり、おがくずと混ぜておけば一日もあれば完全に跡形もなく分解されるのだそうだ。

使うとだんだんとおがくずが「肥料化」してトイレ機能が低下するため、年に2,3回交換が必要とのこと。
交換には費用と手間が必要だが、出来上がった肥料は価値がある。
肥料提供の代わりに無料おがくず交換してくれるインフラを政府が作ってくれれば解決するな。

もう一つ大きな問題がある。
実は法律が水洗トイレ以外の設置を妨げているそうで、これも政府の仕事である。
戦後最悪ガキんちょ内閣安倍政権の、人気回復の秘密兵器にどう!?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

燃える前に電池交換

バッテリー炎上&リコール事件が流行中である。
リチウムというのはとても燃えやすい物質で、空気中に置くだけで燃えるなんてことは化学を勉強した人間なら誰でも知っている(ハズ)。
そんなものを超高密度に充填してあれだけの事故率で済んでいるほうが、奇跡・・・というか技術の高さを感じるべきなのである。

身近にそんな事件が降りかかるのは避けたいが、ただメーカーの不備を責めるのではなく、そうなる前に予防できるスキルが消費者にも必要なのだろう。

ところで、ずいぶん前からわが携帯のバッテリーは異常な膨張を見せていた。
触ればもちろんハッキリと膨らみがわかるし、バッテリー部分のカバーがこんもり盛り上がったことによる筐体と段差が目視できるくらいである。バッテリーを見ようとカバーをはずせば、再び装着するのも一苦労である。
バッテリーの持ちもひどく、満充電からでも通話に30分くらい使ってしまうともはや電池残量1コの状態である。
これは寿命ではなくバッテリー異常に違いない!

バッテリー炎上が流行の昨今なら、異常を訴えれば誠実な(要するにお得な)対応してくれちゃうんじゃないかなと、先日とうとうドコモショップへ相談に行った。
休日のドコモショップは機種変更だか新規契約だか知らないが客待ちが20組以上!
しかし、番号札を取ったものの、バッテリーの相談なのだから理論的に考えてこの列に加わる必要はないはずだ!

そこで、番号待ちを飛び越えてカウンターのお兄さんにぶつかってみた。
するとあっさり無料交換してくれることに。番号待ちもなし。
どうやらわがバッテリーの膨張度合いはなかなかのモノであったらしく、使用状況を聞かれることもなく新品へ。

これで携帯の寿命が2年は延びた。
新機種もあまり魅力的なものがないので変更するつもりはなかったから、とても嬉しい。

しかし膨張バッテリーを必死に抑え続けたカバー君のダメージは大きく、膨張していないバッテリーになった途端はずれやすくなってしまったのは内緒である。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

枯れた技術?消えゆく技術?

工場で生産装置と一緒に使うアプリを仕事で作った。
GUI部分には .NET Framework 2.0を使った。
ついでにWebBrowserコントロール(実体はIE)も使った。

このアプリが大変なバグもので、修正に追われている。
すでにお客様のもとへ渡っているので、いろいろ嫌味を言われつつ日々Visual Studioと向かい合う毎日。

修正も終盤でライブラリの挙動も確認しながら報告をしているのだが、お客様の嫌味コメントの中にこんなのがあった。

「Microsoftのライブラリを使いすぎです。装置向けプログラムの基本ができていません」

枯れた技術を使うというのは、停止が許されない装置向け技術ではセオリーなので、基本的には正しい。

しかし、逆にサポートも止まった古いライブラリやOSを使い続けることがそれほどまでにいいことなのだろうか。ちょっと納得いかない。

お客様自身はVB6をいまだに使っているし、VCも6.0。
Windowsも2000。

.NET Frameworkははじめは不安定だったが、5年以上たちC#の成功もあってかなり使われているおかげで2.0からはかなり安定感が感じられる。
そもそも.NET FrameworkはライブラリというよりはほとんどOSの一部とみなしてもよい内容である。(元々Win32 APIを置き換えるつもりだったのだから)

枯れたVC6とVB6で、switch & Select文の化け物プログラムを書くことが素晴らしいのか。
若いがガベッジコレクションも備えた言語でオブジェクト指向するのが悪なのか。

そういうわけで、いろいろと思うところはあるのだけれど、、、やっぱりバグった私が悪いんだよねぇ。。。
とんだとばっちりのMicrosoft君、ごめんな。

# WebBrowserコントロール(IEコンポーネント)だけは失敗だった。設定が共有されてて使いにくいんだわ・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

Second Lifeとサイバーテロ 2.0

Second Lifeが話題である。

先日とくダネで特集していたのを見たが、あるユーザー曰く「Second Lifeの中ではげんじつにはできない理想の自分になれる」のだそう。

確かに、実際にアイディアや努力・サービスによって商売を成り立たせ、さらにリアルマネーも獲得しているのだから、単なる新手のインターネット遊びという文脈で捉えていては本質を見誤ると思う。(とくダネレギュラー陣は全く理解できていなかった様子)

背景には日常では社会的あるいは経済的、または身体的制約で不可能だったことも、Second Life内では実現できるということがあるようだ。

が、個人的にはリアルで実現するほうに興味があるので、Second Lifeは未体験。

ところで、気になったニュース。

Second Life内で、政治テロ

マシンガン打ったり、建物に火をつけたりしたそうだ。

従来のテロといえば無差別殺人や、自爆攻撃などが多く、悲惨である。
サイバーテロも、コンピュータに侵入して内容破壊などを行うため、大きな被害を生む。

だが、Second Life内テロだったら、実際に人間が傷つくよりはいいかもしれない。
上記のニュースはサイバーにも暴力が!規制せよ!問題視せよ!、ということだったのかもしれないが、ある意味ですごく役に立つ使い方なんじゃないだろうか。

これをサイバーテロ 2.0と呼ぶことにすると、政治や思想の主張では誰も(身体的には)傷つかずにすむ。
増えた数字以上に意味のあるバージョンアップであろうと思う。

少なくともXPからVistaよりは。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)