暴力沙汰

今朝、暴力事件を起こしかけた。

地下鉄駅構内にあるATMで用事を済ませ廊下に出ようと思ったところ、目の前のオッサンがおもむろに煙草に火をつけたもんだから、思わず消せと怒鳴りつけてしまった。
地下で駅構内で禁煙だと書いてあるんだから、やめろと。

地上に上がる階段を指差してそこまでだから、などと答えてきたが、そこまでなら我慢しろと言ったらそうかという顔をしてた。

しかし、それでもそのまま行こうとしたもんだから、さらにカッカと来てオッサンの手をはたいてしまったのだ。

そしたら、暴力はやめろと言われた。
暴力はやめろ、そしたらオレも煙草を消す、と。

暴力はごめんなさいと言ったら、排水溝に煙草を捨ててオッサンは去って行った。

わけのわからん問答の結果、私の目的は果たされたわけだけれども、暴力といわれて正直ショック。
まぁ、暴力といえば暴力なわけで、はたいたのは悪かったかもしれないが、ルール違反しているやつにルール違反を指摘されるという何とも情けなさ。
でも奴の破ったルールはせいぜいマナーのことで、私はあわや法律を破ることになったわけで、オッサンに感謝なのかもしれない。

なんか悔しいから、今後はもっとスマートに注意する方法を考えよう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)