聖子ちゃん

昨日のMusic Loversは、永遠のアイドル松田聖子。
最初の赤いスイートピーの「I will follow you, ...」のくだりでマイクを観客のほうへすっと差し出すと、・・・みんな歌えるんだよねぇ。
さすが、さすが、聖子ちゃん!!

曲が半分もいかないうちにもう会場を虜にした。
すげぇ。

思えば日本で歌がうまいアイドルって、聖子ちゃんくらいだなぁ(デビュー時からうまい)。
感動した。

聖子ちゃん以来でいい線行ってると思うのは、アヤヤか。
でも聖子ちゃんみたいないい歌はうたってないね。

どっちもがんばれ!

P.S.
なお、Music Loversは今なお数少ないハイビジョン専用レイアウトの番組である。
こっちもがんばれ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヒア・アイ・アム

kaskadeの音楽が好きである。

そもそもの出会いはタワレコ。
可愛いジャケットに惹かれて視聴してみたら、一曲目からこれまた可愛らしくも落ち着いた歌声にうっとり。
あまり即買いとかしないほうなのだけど、買ってしまった。

ところが、今日もいい気分で聞いていた時のこと。
ジャケットを見ていたら、な、なんと、その一曲目はkaskadeの曲ではないことが判明!!

David Morales with Tamra Keenanの曲で、Kaskade's Mixなんだそうだ。

しかし、調べてみるとこのKaskade's Mixはプラダを着た悪魔でも使われているらしい。
Remixが売れることもままある話ですからね。

私が好きだったのはTamra Keenanの歌声だったことがわかったので、さっそくDavid Moralesのオリジナルアルバムも注文してみたのであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

COSMICOLOR

m-floのニューアルバムが届いたので感想をば。

ASTROMANTIC』、『BEAT SPACE NINE』と続いたlovesシリーズ第3弾。
今回は全曲のタイトルに LOVE が入っていて、気合がひしひし伝わってくる!

率直な感想としては、曲の完成度はさらに磨きを増しているが、ゲストの印象が強くなりすぎてきた。
she loves the CREAM(loves DOPING PANDA)LOVE ME, HATE THE GAME(loves Chan, Thaitanium, Edison Chen, Ryohei)はもう完全に持ってかれてる。
Luvotomy(loves 安室奈美恵)Simple & Lovely(loves 倖田來未)もその傾向。ただし曲はすごくいい。

どれもお勧めだがこのアルバムでこそと思うのは、なんといってもLove to Live By(loves Chara)。元気に歌うCharaは新鮮。
Love Me After 12AM(loves Alex)も必聴。BEAT SPACE NINEでも見せた韓国アーティストのlovesは凄くかっこいいのだ。
前作以来のシングル曲も含まれているので、まとめて聴きたい方はおススメ(Picture Perfect Love(loves MONKEY MAJIK)は別バージョン)。全部持っている私としてはリミックス希望だったが、そちらはいつも出るリミックスアルバムを待つことにする。

lovesシリーズは今回で最後ということで、今後の展開が気になるところ。
Crystal Kayやmelody., Ryoheiらlovesシリーズ常連アーティストたちをメインで起用していくのか。
しかし、私はm-floが発掘したという日之内エミに注目。
本アルバムではメインボーカルは1曲であるものの、4曲の作曲とコーラスに参加している。ルックス、実力ともに期待十分。

何はともあれ、しばらくはこれで楽しめそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iPhoneにたまげた

噂のiPod携帯、iPhoneがとうとうお披露目

Appleのセンスの良さには毎度毎度驚かされるが、一番驚くのは思い切りのよさかもしれない。

何せ、ボタンがない。
携帯電話のくせにダイヤルキーがない。
iPodとしても使えるのに再生ボタンもくるくるやるアレもない(名前知らん)。

iPhoneはほとんど全面タッチパネルになっていて、そこに表示されるソフトウェアキーを押すことで操作するそうだ。
ソフトごとに最適なインターフェースになるから、右キーはエディタではカーソル動くけどブラウザでは進む機能、とか覚えなくてよい。

思えばタブレットPCでもできちゃう話ではあるのだが、携帯電話でやるところがポイント。
PCではやりたいこと&できることが多すぎて、操作の革新は、非対応の場合の不便ばかりが目立つ。
携帯電話はそもそも機能が特化しているから、革新の成果が際立つ方向に働く。

そういうところをうまく捉えて、アイディアも力も正しく使って、テクノロジーをイノベーションに変えている会社は、今のIT業界には少なくなったと思う。

そうそう、Appleは社名も変えたらしい。
う~ん、やはり思い切りがよい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

New iPod shuffle !!

Appleの新製品発表

iTunesの映画参入が本当の目玉だったのかも知れないけど、私は新しいiPod shuffleに注目。

旧モデルのshuffleは、当初HDD搭載のiPod/iPod miniに対するシリコンメモリプレーヤとして、機能も簡素化されてその小ささと軽さを生かすデザインで登場した。

が、後にiPod nanoが発売されてからは、シリーズ唯一のシリコンメモリプレーヤというアイデンティティも失われ、大きさも機能も中途半端なモデルになってしまったのだった。

しかし、Appleの商品企画力は伊達じゃない。

今度のshuffleは、ぐぐっと小さくなり、さらにクリップという強烈なギミックを備えて登場。
shuffleに新しいアイデンティティを吹き込むことに成功している。

さすが。

値段も安いし、携帯音楽プレーヤにあまり興味のない私だが、購入意欲が湧いてきたぞ。

っていうか、持ってないのに偉そうに批評をしてごめんなさい(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)