ひよこ饅頭の形は独創的か?

菓子「ひよ子」の立体商標認めず、知財高裁が判決。

立体商標というのがあることをしらなかった。
1996年に始まった制度で、カーネルサンダースやペコちゃんが登録されているらしい。
看板など、そこから想起するものがユニークであれば、登録できる模様。

ひよこは東京みやげとして有名だが、もともとは福岡のお菓子であるというのもまた有名な話。
さらに調べてみると同様のお菓子は全国各地にあるらしい。

今回のニュースは、株式会社ひよ子が2003年に「ひよ子」を立体商標登録したことに対し、同様の菓子「二鶴の親子」を販売する「二鶴堂」が無効請求を出していたのだが、特許庁が退けたのに対し、高裁によって無効と判断されたものだそうだ。

弁理士会も疑問を呈するコメントを出しているので、本件は特許庁の判断ミスだったのかもしれない。

立体商標というものも勉強になったけど、ひよこ型饅頭が全国各地にあることが驚き!
東京行ったときに喜んで買って帰ると恥ずかしいのかも・・・。

ところで、ニュースにある特許庁が登録を認めたときのコメントが笑えるヨ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)