世界水泳 on 地デジ

2003年12月から始まった地上波デジタル放送。
私が地デジ対応液晶テレビを買ったのは2005年12月。

そして今住んでいるエリアで全局が映るようになったのは昨年10月くらいだが、割とマイナーな地域なのでほぼ全国で映るようになったのだろうと思う。

トリノオリンピックでは雪がとても美しく映り、荒川静香のイナバウワーも精細ワイド大画面でこその感動を得たが、その後は地デジといってもほとんど4:3レイアウト+αの番組ばかりで面白くなかった。

しかし、やはりイベントモノは気合が違う。
今見ているのは世界水泳。

データ放送が有効に使われていて、通常のテレビを見ながらにして選手の情報を表示させたりシンクロの制限時間の時計を出したり消したりできてしまう。

地デジになったらデータ放送が視られるとか双方向放送とかいろいろ言われてはいたのだけれど、地デジの電波には動画だけでなくいろいろなデータが、しかもレイアウトまで変更できるような形で送信されていることを初めて実感することができた。

今までは放送局が良かれと思って付けていたスーパーインポーズなり時計なりを視聴者が自分でON/OFFできるということは、ある意味ではテレビの見方のパーソナライズと言える。
カスタマイズの主体が放送局でなく視聴者である点で、パラダイムシフトである。

もっともっと地デジが普及してデータ放送のメニューが増えてきたら、そんなパーソナライズメニューをテレビ自体が覚えてくれたりする機能も考えられるなぁ。

地デジへの切り替えは、今のテレビでも十分きれいと思う人には全く訴え切れていないと思うのだが、やはりこういった旧テレビでは到達できない視聴の喜びを得られる潜在性があるのだと新鮮な驚きを感じている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イナバウアー

イナバウアーが今年の流行語大賞に選ばれた。

オリンピック直後はもとより未だに体をそり返しては「イナバウアー」と叫んでいる様子をみれば、納得の選択。
国を盛り上げた言葉という観点でも、イナバウアー(そして荒川静香選手の活躍)は大賞にふさわしいと思う。

ところで、大方の人は、イナバウアーとは体をそり返してすべる技だと思っているのではないだろうか?

本来は、つま先を180度両側に開いてすべる技をイナバウアーというのであって、体を深くそり返すのは荒川流の工夫なのである。(さらに詳しい解説はWikipedia

とかなんとか、他の選手のイナバウアーや大賞のニュースを見たときにこんな薀蓄を語るのもよろしいかと:-)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

松坂の価値

松坂大輔投手の落札価格が60億円だったそうだ。

一方、サラリーマンの平均年収が423万円(と報道ステーションで言ってたような)。
それで割ると1418年。(報道ステーションでは2300年くらいって言ってたような。どんな計算だったんだろ^^;)

そうやって考えると異常に高く感じるが、実際この額を出してもいいと思う人がいるわけで、ちょっと違う試算をしてみる。

レッドソックスの試合、約150試合に、毎回3万人入るとする。
そのうち、松坂がいるからこそ行くのだ!というサラリーマンが2000人くらいいるとしよう。(とりあえずアメリカ国内で)
チケットが1人1試合2000円とすると、2000人×2000円×150試合=6億円となる。

さらに松坂がいるからこそ行く!という日本人がいるとする。
毎試合50人くらいが、ボストンのホテルに泊まって、ついでに街で買い物をするとしよう。
ホテル15000円、買い物10000円とすれば、50人×25000円×150試合=1億8750万円。

と、こうやって考えると、個々人の落とすお金だけでもかなり回収できてしまうようだ。

さらに日本マスコミへの放映権とかあるだろう。
どのくらいで売れるのかしらないけど、5億円くらい?

よくよく計算すれば投資額としては妥当なのかもしれない。

個人には一生手にすることのないような大きな金額が行ったり来たりする世界があるということをひしひしと感じるニュースではあるけれど、松坂のメジャーでの活躍を応援している日本人は1000万人くらいいると思うので一人600円くらい応援するのはやぶさかでもないだろうから、巡りめぐってその分だと思ってもいいような気になってきたのは、何か間違ってるかな(笑

| | コメント (2) | トラックバック (0)

日本一ばんざい!

日本ハム、日本一ばんざい!!

我等が北海道に野球チームが誕生して3年。
とうとう優勝旗が津軽海峡を渡った。

それだけでも嬉しいのに、新庄のひっぱったこのチームは、日本一楽しいチームであった。
観客を楽しませるプレイとパフォーマンス。
セリーグのヤクルトとともに球界に新しい風を吹き込んだ。

テレビを通して見る見慣れた札幌ドームが、今は違う歓声で満たされていると思うと、少し悔しい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

PS3に俄然やる気

PS3用Linuxの発売がアナウンスされた。

出るとは言っていたが、アリバイ程度のものだろうとあまり信用していなかっただけに、そのパッケージ内容には驚きと喜びを禁じえない。

gcc 4.1.1、CellSDK 1.1・・・これはつまりプログラムを使ってPS3で実行して遊べるということを意味する。しかもSPEを使ったマルチコアプログラムを、である。
マルチコア時代をリードするプロセッサであるCell Broadband Engineで修行ができるということは、これからの新たなCPUパラダイムへの準備としては申し分ない。

しかもお値段もお手ごろになった。
60GB HDDの上位モデルでも6万少々になるようで、それって値下げ前の20GBモデルの値段じゃないか。

前々から欲しいと思っていたSACDプレイヤ機能まであるらしい。
起動時間がかかったらいやだな。音質はどうなのかな。ちゃんとスピーカドライブできるのかな。

終わったと思っていたPS3への物欲が俄然目覚めつつあるのであった。

| | コメント (1) | トラックバック (4)

オレも甲子園を感じた

史上まれなる決勝再試合の末に、とうとう今年も甲子園の夏が終わった。

我等が北海道代表である駒大苫小牧は残念ながら敗れたが、エース田中はここぞの踏ん張りで最後まで魅せたし、打撃陣も観客に諦めるのを許さない本塁打で流れを再び引き寄せる。
3点差で迎えた9回表の最後の攻撃。
ここでも粘って2点を返したあたりが実に駒苫らしい。

早実斉藤は文句なしに名投手。最後まで速球が衰えないどころか日曜の延長15回で見せた147kmにはおどろかなった人はいないだろう。

私も彼らの凄さを肌で感じようと初めて甲子園球場へ行くことができ、73年ぶりの決勝再試合となる延長15回に立ち会えたことはとてもいい思い出になった。

とにかく素晴らしい決勝、そして試合の数々だったと思う。

あまりにも感動を呼ぶ彼らのがんばりを見ると、ちょっと羨ましい気持ちになる。
そして、悔しい気持ちになるのだ。
オレはあれほど頑張れているんだろうか・・・。
あれほど誰かを震わせることができるのだろうか・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

駒大苫小牧ワッショイ!!

駒大苫小牧勝利万歳!!万歳!!万歳!!!

まだ優勝したわけではないけど、そのくらい興奮!
4回表の時点での1-7からひっくり返して9回裏でとうとう逆転さよなら勝利。
まさに劇的。

緒戦での苦戦により不調が疑われるエース田中を温存した控え投手でのスタートは、結果的には監督本人も認める完全な采配ミスだった。
はじめから打ち込まれて早々にノックダウンした田中の前の2人の投手も調子は悪くなかったと思うが、いきなり甲子園での公式戦初登板に耐える精神力がなかったか。

田中に代わってからは、いきなり本人も打ってチームを盛り上げる。
自信を取り戻した打線もつながり始めて、複数のホームランを含む連続ヒットで追撃。

8-8で迎えた9回表では1点を追加された駒苫であるが、しかしそれ以上は許さないのが田中の粘り。その裏チームメイトのさよなら二塁打での逆転勝利を決めた。

敗れた青森山田の野田投手もよく頑張っていた。
しかし、序盤の大量リードで自信を持っての投球も、1点・・2点・・じわりじわりと食い下が る駒苫に疲れが見えたか、終盤はコースも外に甘く入り始めた。さよならとなった一球を打たれたあとの、堰が切れたように涙が溢れたシーン は、今日の名勝負を象徴するものであったと思う。

振り返ると、結局は緒戦でも苦しみながら粘りきった田中の精神力が、今日もチームを支えた格好。精神的支柱としての田中の存在がますます明らかになった試合だったと思う。
やはり高校野球というのは、精神力のぶつかりあいなんだなと思う次第。
駒苫香田監督も、球児たちの野球にかける情熱や秘められたエネルギーには、今日の失策について猛省しなければならないことだろう。

さて、甲子園では強豪とは言えなかった北海道勢も、かつての旭川実業のミラクルあたりから上位常連となり、今では史上初の3連覇を期待されるまでになった。
同じ北海道で育ったものとして、興奮を抑えずにはいられない・・・。
こりゃ、甲子園出張だな!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

亀田

ボクシングの亀田3兄弟はあんまり好きではないので、負け試合だと思うけどその勝敗についてはどうでもいい。

問題は、@niftyのブログ(ココログ)のベーシックプランでとうとうアクセス解析が使えるようになったことだ。
ココログのアクセス解析は無料会員用のフリーで使えて、有料会員のベーシックで使えなかったという理不尽な状況だったのだが、とうとう改善された。

そこで早速わがブログのアクセス解析を見てみた。
・・・
アクセス数は惨憺たるモノだったのだが、面白いデータがあった。
サーチエンジンにどんなキーワードで検索した後にこのページにやってきたか、というものだ。SEO対策用ですね。

これによると、munepi.logでもっとも人気のある記事は「もろこっし♪」。
ムヒもろこしヘッドのCMで踊っている女の子について触れた記事である。
そして、検索キーワードはそのものズバリ「もろこっし」。

やはり昨今はサーチエンジンに拾われてなんぼというか、サーチエンジンによってサイトの存在は証明されていることを改めて感じたのである。

そういうわけで、「亀田」にしてみました(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本代表と遠慮

日本代表がゴールを決める技術と戦略のないことは結局監督の指導によって直すほかないが、ゴールを引き寄せられない選手の心理に関して別の考察をしてみる。

日本は「出る杭は打たれる」からと、人と違うことはなるべく避けて「当たり障りのない」ようにしようという文化を持っている。
私自身はその傾向が強いほうだと思うし、選手だって日本人なんだからそういう習慣があってもおかしくない。

ゴールの瞬間を引き寄せるには戦術から一歩はみ出た「マニュアルにない」動きが必要だと思う。
様々な戦術を練習していて試合で実行することはできているかもしれないが、そういう「出る杭」な後で「当たり障りがある」かも知れないプレーをする日本代表選手は、はっきり言ってほとんどいない。

例えば中田英寿はそれができる一人だと思う。
彼のプレーは結構挑発的だが、それはマニュアルから外れてもゴールを狙う気迫と勇気を求める周りへのメッセージであり、素晴らしいと感心する。

問題は、前線でボールを扱う選手はその挑発に乗らないヨイコちゃんばかりだ。

日本代表になる選手なんだからそんな遠慮勝ちなはずはないと思うのだが、世界を相手にして現在のランキングなどの評価で遠慮がちになっていたりするようでは困る。
子供が大人にむきになって張り合うように、日本も相手が誰だろうと全力でつぶしに行って欲しい。

次のブラジル戦はそういう心理が最も試されると思う。

P.S.
小野のファンタジーは日本代表随一だと思うので、もっと使って欲しいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本代表とファンタジー

今日も勝てず・・・。

いつも思うのが、日本はシュートが少ないこと。かつシュートしても枠に飛ばないこと。
ブラジルなり、イタリアなり、イングランドなりを見ると、チャンスを作る技術もさることながら、ゴールを狙える隙を見るやどんなところからでもどんな格好でも撃つ!!

日本はゴールが空いているのにパスしてしまう某選手とか、ペナルティエリア内でもパスしたがる某選手とか、そういうプレイばかりに見える。
ミドルシュートだって打っていいのに。

日本は基本的技術はもちろん、守備や攻撃の戦術などについてはかなりの力を持っていると思う。
となると、後は足りないのはファンタジーじゃないんだろうか。

長い間海外で活躍してきた選手はやはりファンタジーを備えている。
想像だにしない、が成功すれば素晴らしいチャンスを生むであろうパスやポジションどりは、日本の数少ないチャンスメイクに貢献している。

しかし、ファンタジーを持ったシュートを打てる選手がいないために点数にならない。
もしくは、アシストのファンタジーについて来れるFWがいない。

ファンタジーの練習をしたらどうでしょう・・・。
そうだな。
まずは、バレーボールのワンマンレシーブ練習のようにして、全部枠にシュートする練習から・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)