Windows Vista 発売前夜のグチ

とうとうWindows Vistaが一般発売される。

XPから5年もたっているそうで、それまで特に不便もなく(ウイルスだけは鬱陶しいが)使えるあたり、そもそも大々的に新OSを発売する時代は終わってるんじゃないかとか思わなくもないが、ともかくめでたい。

"Vista"は、眺望とか景色とかいう意味があるそうで、MSはWindows Vistaがコンピューティングの新しい展望を見せるのだという願いを込めたかったのだろうが、革新を実現するはずだったテクノロジーの中には、開発の遅れと発売へのプレッシャーから、キャンセルされたり縮小されたり意味がすげ変わったりしたものも多い。

使っていないからここからは想像だが、おそらく使い勝手はよくなっているのだろう。
また、セキュリティの強化や、Tablet機能やMedia Center 10フィートUIの標準搭載もアピールポイントだ。

個人的にはあの立体タスクチェンジ画面には全く興味がないし(むしろ無駄だとさえ思う)、
ウィンドウの枠が透けたからどうだって思うのではあるが、Graphicsシステムが3Dエンジンの上に再構築されたことは非常に意味があると思う。

でもやっぱりAppleはもう2年くらい前にそれを実現しているし、LinuxにおいてはGraphicsシステム自体がプラグインだよ、と比べてしまう。

Windows Presentation Foundationで使われるXAML(ザムル)によるGUIプログラミングは面白い機能だと思うけど、FireFoxは同類技術のXUL(ズール)でできてるよー、と比べてしまう。

どうしてこうなんだろうとよくよく考えると、やはりOS機能を一斉入れ替えするような時代は終わってるんだと思う。
MSは新OSを売るための目玉が欲しいから、新技術の投入を引っ張りに引っ張る。しかし結局は少しずつ遅蒔きになってしまう。
MSの技術力は大変すばらしいのに周りが文句ばっかり言うのは、戦略がもう時代に合っていないのではないだろうか。

ハリソンフォードの「建設的な意見が出せないなら意見を言うな」という言葉に従って、MSがこうしたらウケる!と思うことを考えてみる。

例えば、メモリ管理とかプロセス管理とかドライバ管理などのOSの根本機能だけを切り出したものを出す。グラフィックスの下層くらいは統合されていてもいいだろう。そうだなぁ、名前はMicrosoft MicroWindows。
(思えばMicrosoftのソフトは、どれも全然マイクロじゃないな)

そして、様々なコンポーネントを別でアタッチできるような構造にするのだ。
GUIならAeroとか、Lunaとか、Classicとか。でもAeroはMicroWindows Vista以降でないと使えないとか、Classicはどれでも使えるとかそういう制限はあり。

ファイルシステムもアタッチメント。
今はNTFSだけど、WinFSにすることもできる、なんてのがあってもよい。

このバラバラ案の何がいいのかというと、技術が新鮮なうちに投入できること。
MicroWindowsや個々のアタッチメントは単価を下げれば、ユーザも買いやすい。
MSだって新OSとかOfficeのタイミングじゃないと儲からないということもない。

もちろん自分で組み合わせるのは面倒な人もいるだろうから、ある程度標準的なディストリビューションを作って販売すればいい。パック内容もころころ変えたらいい。
大口顧客向けには専用のディストリビューションを作っても、商売になるだろう。

Linuxはオープン故にモジュールがありすぎて大変だが、MS管理下のWindowsの世界ならもっと大きな粒度でできると思う。

と思っていたら、Windows Server Longhornには、GUIがないバージョンがあると聞いた。
もしかしたらMicroWindowsの布石になるのかも知れない・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iPhoneにたまげた

噂のiPod携帯、iPhoneがとうとうお披露目

Appleのセンスの良さには毎度毎度驚かされるが、一番驚くのは思い切りのよさかもしれない。

何せ、ボタンがない。
携帯電話のくせにダイヤルキーがない。
iPodとしても使えるのに再生ボタンもくるくるやるアレもない(名前知らん)。

iPhoneはほとんど全面タッチパネルになっていて、そこに表示されるソフトウェアキーを押すことで操作するそうだ。
ソフトごとに最適なインターフェースになるから、右キーはエディタではカーソル動くけどブラウザでは進む機能、とか覚えなくてよい。

思えばタブレットPCでもできちゃう話ではあるのだが、携帯電話でやるところがポイント。
PCではやりたいこと&できることが多すぎて、操作の革新は、非対応の場合の不便ばかりが目立つ。
携帯電話はそもそも機能が特化しているから、革新の成果が際立つ方向に働く。

そういうところをうまく捉えて、アイディアも力も正しく使って、テクノロジーをイノベーションに変えている会社は、今のIT業界には少なくなったと思う。

そうそう、Appleは社名も変えたらしい。
う~ん、やはり思い切りがよい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)