« Windows 7 | トップページ | Webサービス、SaaS、Silverlight、AIR、Google Gears »

高齢者医療制度

後期高齢者医療制度が話題になっている。
後期とはなんじゃい!とか、年金生活者からも搾取するんかい!とか、いろいろ問題はあるようだが、私が思うに、一番問題は高齢者を消費者としてしか扱わない点じゃないかと思う。

医療が必要な高齢者もたくさんいるが、一方では元気な高齢者もいっぱいいる。
このような人たちを、まったく働かせず、どんどん衰えさせ、医療費を使わせている現状は、なんとも違和感がある。

高齢者制度を考える場合に一番問題なのは、労働可能なくらいに元気な方とつきっきりの医療が必要な方など、医療費の振れ幅が非常に大きいことだろう。

この振れ幅を逆手にとった制度はできないものか。
たとえば、まず元気な方は地域の仕事に従事するなどして労働力を提供していただきつつ、より元気になっていただく。元気な方が増えれば医療費削減に効果がある。
そして、医療費をあまり使わない高齢者は保険料減免などとすれば、インセンティブになって働く意欲にも刺激できる。
こうして浮いた医療費を使わない高齢者の分は、医療が必要な高齢者に回すことができるだろう。

後期高齢者医療制度の目的のひとつに、受益者負担の原則をより明らかにするというのがあるそうだが(保険料を納めるのは現役世代なのに、そのほとんどは高齢者のために使われているため、受益者である高齢者にはある程度負担してもらう必要であるという考え)、この考え方自体は間違っていないように思える。
しかし、だから金をとればいいというのでは、お役人の発想力はいかにも貧困だ。

メタボ対策ではメタボをなくして医療費削減といういい考えを取り入れたのに(中身には問題もあるようだけど)、高齢者医療の中にそれが含まれなかったのは、いわゆる縦割り行政のせいなのか。

長寿高齢者医療制度という通称もできてきているが、今の制度はやはり姥捨て山だ。
長寿な人が多いほど保険が安定してくるような、そういう制度を日本は率先して作っていかないといけないんじゃないだろうか。

|

« Windows 7 | トップページ | Webサービス、SaaS、Silverlight、AIR、Google Gears »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63247/40901945

この記事へのトラックバック一覧です: 高齢者医療制度:

« Windows 7 | トップページ | Webサービス、SaaS、Silverlight、AIR、Google Gears »