« SKINS+BONES | トップページ | 「木」洗トイレ »

燃える前に電池交換

バッテリー炎上&リコール事件が流行中である。
リチウムというのはとても燃えやすい物質で、空気中に置くだけで燃えるなんてことは化学を勉強した人間なら誰でも知っている(ハズ)。
そんなものを超高密度に充填してあれだけの事故率で済んでいるほうが、奇跡・・・というか技術の高さを感じるべきなのである。

身近にそんな事件が降りかかるのは避けたいが、ただメーカーの不備を責めるのではなく、そうなる前に予防できるスキルが消費者にも必要なのだろう。

ところで、ずいぶん前からわが携帯のバッテリーは異常な膨張を見せていた。
触ればもちろんハッキリと膨らみがわかるし、バッテリー部分のカバーがこんもり盛り上がったことによる筐体と段差が目視できるくらいである。バッテリーを見ようとカバーをはずせば、再び装着するのも一苦労である。
バッテリーの持ちもひどく、満充電からでも通話に30分くらい使ってしまうともはや電池残量1コの状態である。
これは寿命ではなくバッテリー異常に違いない!

バッテリー炎上が流行の昨今なら、異常を訴えれば誠実な(要するにお得な)対応してくれちゃうんじゃないかなと、先日とうとうドコモショップへ相談に行った。
休日のドコモショップは機種変更だか新規契約だか知らないが客待ちが20組以上!
しかし、番号札を取ったものの、バッテリーの相談なのだから理論的に考えてこの列に加わる必要はないはずだ!

そこで、番号待ちを飛び越えてカウンターのお兄さんにぶつかってみた。
するとあっさり無料交換してくれることに。番号待ちもなし。
どうやらわがバッテリーの膨張度合いはなかなかのモノであったらしく、使用状況を聞かれることもなく新品へ。

これで携帯の寿命が2年は延びた。
新機種もあまり魅力的なものがないので変更するつもりはなかったから、とても嬉しい。

しかし膨張バッテリーを必死に抑え続けたカバー君のダメージは大きく、膨張していないバッテリーになった途端はずれやすくなってしまったのは内緒である。。。

|

« SKINS+BONES | トップページ | 「木」洗トイレ »

テクノロジー」カテゴリの記事

バッテリー」カテゴリの記事

「携帯・デジカメ」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63247/16237332

この記事へのトラックバック一覧です: 燃える前に電池交換:

« SKINS+BONES | トップページ | 「木」洗トイレ »