« 想定の範囲を超えろ!! | トップページ | 予想・今後5年のプログラミングネタ »

BTOなOS

PC Watchのコラムを読んで。

Microsoftのソフトは使わないような機能まで一緒に詰め込んでいて重すぎるというのは以前から言われていたこと。
Officeしかり、Windowsしかり。

Windowsの発展が、PCのハードウェアの性能向上を引っ張ってきたという点は否めないが、機能的にも性能的にも向上がひと段落した現在においてはその言い分もやや分が悪い。

記事にあるように、誰にでもモンスターマシンを要求するメガOSでなく、ユーザの要求とハードのコンセプトに合ったOSを提供してくれることはないものか。
Linuxの隆盛も、このあたりのカスタマイズをかなり自由にできる点が貢献していると思うのだが、Microsoftはそうは考えていないのだろうか。

企業向けのある程度大規模なソフトウェアは、ミドルウェアと呼ばれる基本モジュールパッケージを中心に、要望と機材に合わせたカスタムアプリケーションを作成することが主流だ。
どんどんソフトウェアは無料になって直接は金を生まなくなり、ソフトウェア同士を組み合わせてアプリケーション(応用製品)を作るという行為・・・すなわちSystem Integrationが商売になっている。
SaaS (Software as a Service)の考えが広がればますますこの傾向は強くなるし、より小規模なソフトウェア・・・それこそOffice製品などでもそのようなことが起こってくるのは間違いない。

OSだってそうなっても全然おかしくないと思う。

さて、最初に実現するのは、Windows? Mac OS? Linux? それとも・・・。
# それとも、これ読んで作っちゃいますか?w

|

« 想定の範囲を超えろ!! | トップページ | 予想・今後5年のプログラミングネタ »

Windows」カテゴリの記事

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

「プログラミング」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63247/12250292

この記事へのトラックバック一覧です: BTOなOS:

« 想定の範囲を超えろ!! | トップページ | 予想・今後5年のプログラミングネタ »