« インドのレトルトカレー | トップページ | ITの役割は終わった!? »

Innovationの集まる日

昨日はInnovativeなニュースがたくさんあった。

まずはIntelの80コアプロセッサ
最近はあちこちでメニーコア、メニーコアと言っていたようだが、実際にこれだけのものを作っていたとは。
しかもメモリの構造がとてもInnovative。80コアすべてに独自のメモリをつけるという思想はCellと同じではあるが、なんと別のダイで作ってCPUダイとぺたっと貼り合わせるという。確かに80コアそれぞれにメモリをつけていては同じダイでは大きくなりすぎて実用的ではない。
この間はMacでの採用に関して苦言を呈したが、さすがIntelと唸ってしまった。

次はIBMのWebアプリ作成Webアプリ。(ニュースIBMサイト
実際触ってみたが、もうこれはGUIである。ブラウザの技術だけでここまでできるとは。Windowsシステムはその居所がますますなくなって来ているような気がする。
そして最もInnovativeなことは、SaaS(Software as a Service)という思想に基づいていること。
単なるWebアプリのことではなく、一見クライアントで動くアプリケーションのようであっても、その裏では世界中のWebサービスを集めて動作しているという未来型のソフトウェアのことだ。
BIOS、OS、ミドルウェア、フレームワークと今までローカルで行われ続けたサービスは、とうとうグローバルに旅立ち始めたようだ。

もう一件もIBM。特許に対して自主基準を策定したというもの
まず技術的進歩の含まれないビジネス特許は今後出願せずかつこれまで取得した分も公開するという。
さらに、技術的特許に関しては、水準を高めるためにコミュニティによる特許審査をサポートし、専門的知識を有する社員がこのコミュニティのために働くことを認めるという内容。
背景には、特にアメリカで乱造される、首をかしげるような特許や単に競合を締め出すための技術的進歩のないビジネス特許に対する疑問があるのだろう。
特許を取り巻く状況を是正して将来に渡る健全なInnovationを守るためという姿が見て取れる。さすが大物。

IとIが、Iを示してくれた。
やはり誰かが明るい未来を提示することこそが、人々の向上心を刺激するのだと思う。

|

« インドのレトルトカレー | トップページ | ITの役割は終わった!? »

「ニュース」カテゴリの記事

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

「Windowsはブラウザのデバドラだ。ただしバグがある。」という言葉を思い出したよ。

投稿: まーさく | 2006年9月28日 (木) 10:40

そういう意味では、MacもX Windowも含め世の中のウィンドウシステムは全て危機なんだろうか?

個人的には、ブラウザを介さないローカル型なんだけど、SaaSで動くアプリが増える方向を予測している。

それにしても、いつまでたっても「バグがある」といわれ続けるWindowsっていったい・・。

投稿: むねぴ | 2006年9月28日 (木) 13:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63247/12066671

この記事へのトラックバック一覧です: Innovationの集まる日:

« インドのレトルトカレー | トップページ | ITの役割は終わった!? »