« フラット化する世界での賃金と仕事 | トップページ | ヒートアイランドと温度税 »

冥王星と科学

冥王星の降格の話題が盛り上がっている。

冥王星は唯一アメリカ人が発見した惑星だそうで感情論も考慮しろとか、冥王星は占いにも深く組み込まれているので降格はやめて欲しいとか、なんとも情けない論議も巻き起こっている模様。
冥王星がなくなるわけじゃないんだし、占いはそのままでいいじゃん。

この話題の一番素晴らしいところは、まずIAUが極めて科学的に議論していること。
そして、科学は更新されるものであるということを、世間一般に広く認知させられたこと。
宇宙ネタ、それも惑星という誰しも一度は興味を持つ内容だったからこそ、重要な影響力がある。

理系離れが問題になって久しいけれど、自分が基礎教育を終えて思うのは、やっぱり答えが用意されている勉強だけでは、学力は伸びようがないということだ。
覚えれば良いだけで、考える必要がないんだもん。

この冥王星論議をきっかけに、科学は決まったものではなくて新たな発見や意見が世界に影響することがあるということを、学生諸君に感じていただきたいな、と思うことしきり。

|

« フラット化する世界での賃金と仕事 | トップページ | ヒートアイランドと温度税 »

「ニュース」カテゴリの記事

「学問・資格」カテゴリの記事

「文化・芸術」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

「趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63247/11613248

この記事へのトラックバック一覧です: 冥王星と科学:

« フラット化する世界での賃金と仕事 | トップページ | ヒートアイランドと温度税 »