« オレも甲子園を感じた | トップページ | フラット化する世界での賃金と仕事 »

思考する機械コンピュータ

本を読むことで、知っていると思っていたことにまだまだ知らないことがたくさんあることを気づかされることがある。

ダニエル・ヒリスの「思考する機械コンピュータ」も、そんな本。

特に面白かったのは、コンピュータというのは概念のことであって、シリコンでできたアレのことではないということ。
だから、バイオでも、量子でも、棒と紙であっても、論理回路を実現できればいいのである。

なるほど。

全体的にもこのようにモノではなく概念を再認識させるような内容で、論理回路やブール台数の知識が必要。
内容にこれらも含まれてはいるのだけれどそれだけでは理解は厳しく、扉にかいてあるように「入門書」というにはちょっと難しいと思う。

著者の専門である大規模クラスタについて議論する後半はちょっと駆け足で内容が薄くなるので、コンピュータの集合をどう考えて1台のコンピュータとすればよいのかなど概念とリアルの結びつきについてもっと読みたくなった。

|

« オレも甲子園を感じた | トップページ | フラット化する世界での賃金と仕事 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

「プログラミング」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

「趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63247/11472096

この記事へのトラックバック一覧です: 思考する機械コンピュータ:

« オレも甲子園を感じた | トップページ | フラット化する世界での賃金と仕事 »